ブライダルや成人式に合うネイルチップの通販

エンプレスネイル
  • ホーム
  • お問い合わせ
  • お買い物ガイド
ネイルチップのつけ方・はずし方

ネイルチップをつける前に

ネイルチップのつけ方をご紹介する前に、ネイルチップをつける前の一般的な下処理をご紹介します。

ネイルチップを選び、サイズを調整します
ネイルチップを自爪にのせながら、合うサイズを選びます。
大きさが合わないものは、ファイルで削りましょう。一気に削ると修正ができなくなるので、少しずつ削ってサイズを調整します。
自爪の長さを整え、エタノールで爪の表面を拭きます
自爪を短く削っておきます。コットンにエタノールを染み込ませ、爪の表面の汚れや油分を取ります。除光液を使う場合は、油分の含まれていないものを使って下さい。細かい所は、オレンジウッドスティックにコットンを巻き付けて (綿棒でもOK)取りましょう。

ネイルチップのつけ方

両面テープまたは取り外し可能なネイル用粘着剤を使ったネイルチップのつけ方をご紹介します。

両面テープまたはネイル用粘着剤をつけます
両面テープかネイル用粘着剤をネイルチップの裏側につけます。
※両面テープの場合は、自爪にテープを貼ってもOKです。
※ネイル用粘着剤は、塗りすぎると皮膚につくので注意して下さい。

自爪の上にネイルチップをのせます
両面テープは台紙を剥がしてから、(取りはずし可能なネイル用粘着剤は説明書に書いてある時間をおいてから)、爪の生え際にピッタリ合わせて根元からネイルチップをのせます。ネイルチップが甘皮の上にのらないよう注意しましょう。
しばらく上から押さえます
粘着力を高めるため、ネイルチップを上からしばらく押さえます。ネイルチップが壊れるので、押さえすぎないよう注意しましょう。
つけてからしばらく時間をおくと粘着力が高まるので、ネイルチップをさわって動かしたり、手を洗ったりしないよう注意しましょう。
外出先ではずれた時のために、予備の両面テープやネイル用粘着剤などを持っておくと安心です。

ネイルチップのはずし方

両両面テープまたは取りはずし可能なネイル用粘着剤でつけたネイルチップの取りはずし方法をご紹介します。

ぬるま湯に指を浸します。
フィンガーボールなどの容器にぬるま湯を入れ、しばらく指を浸します。
両面テープやネイル用粘着剤などがふやけて粘着力が弱くなります。

爪の生え際からはずします
爪の生え際からゆっくりと丁寧にはずしていきます。取れにくい場合は、もう少しぬるま湯に指をつけウッドスティックを爪とネイルチップの間に入れて、そっとはずします。
爪に残ったテープや接着剤を取ります
爪に両面テープやネイル用粘着剤など残った場合は、指でそっとこすりながら落とします。
キューティクルオイルなどを塗ります
ネイルチップをはずした後は爪が乾燥しているので、キューティクルオイルやハンドクリームなどで保湿しておきましょう。

★ネイルチップを無理に取ろうとすると爪が傷んだり、ネイルチップが壊れたりするので、必ずぬるま湯でしっかりふやかしながら取りましょう。
慌てずゆっくりはずすのがコツです。はずしたネイルチップは残っている両面テープなどを取り除き、水分を拭き取ってからしっかり自然乾燥させましょう。

*サロンにより、多少方法が異なる場合もあります

  • 特定商取引に基づく表記
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • お買い物ガイド
top